大分大学教育学研究科教職大学院視察調査研修報告書

大分大学教育学研究科教職大学院視察調査研修報告書
第1 視察(調査)項目

インターネット、AIなどのテクノロジーの急激な進歩、およびグローバル化により全く新しい人類社会に入りつつある。この従来の常識が通用しづらくなった現代社会において、子どもの教育環境についても再考する必要がある。具体的には学校、家庭のみならず地域が一体となって連携協力しあい、子どもを育てる必要性が高まっている。いわゆる「協育」と呼ばれるものである。
そこでこの分野の研究をされておられる大分大学名誉教授、教育学研究科教職大学院特任教授の山崎清男先生にお話を聞かせていただいた。

第2 復命事項(所見及び感想)

1 「協育」に関する研究を始めた経緯について。
知は命題知と経験値に分類することができる。
命題知は数値化言語化できる知識を意味する。他方、経験値は経験に根差し、数値化、言語化することが難しい知を意味する。
例えば300グラム足す200グラムは500グラムになる、または燃焼のためには酸素が必要であるというのが命題知である。他方500グラムの重さの実感または、効率的に酸素を取り込み燃焼作用を活発化させるキャンプにおける炉の組み方を経験値という。
社会性などは経験値に依存する側面が大きく、他者とのかかわりの中で身に着ける必要がある。
この意味において、地域の様々なバックグラウンドを持つ方々との交流が子どもが社会性を身に着けるために不可欠である。
このことを深めるために、様々な関係者の協力のもと子ども達を育成する「協育」に関する研究を始めた。

2 「協育」に関する研究を始めた社会情勢について

⑴ かって我が国では学校と地域・家庭が密接であった。たとえば子どもが悪いことをすると、教師や保護者のみならず、近所の大人たちも遠慮なく叱ったり、親が多忙の際は、子どもは、よその家に上がり食事をしたりしていた。
しかし、みだりに私生活を知られたくないというプライバシー意識の高まりや、共働き世帯の増加により、学校、家庭、地域の関係が希薄化し、地域で子どもを育てることが難しくなってきた。
また食品添加物などの影響により集中力が低下し、授業中落ち着くことができず、教室の床に転がる児童などもいる中、多数の児童を一人の教員が教えることは困難である。つまり学校が学校として成り立たなくなってきた現状がある。
⑵ また教育行政は強制力を行使できる権力的行政ではない。したがって給食費の集金一つにしても学校のみに責任を押し付けることは負担が過重となり、妥当でない。
⑶ さらに団塊世代の大量引退により、教員の年齢構成がいびつな形となっている。これに対応するために新卒教師を大量採用することによる弊害も指摘されている。つまり教員採用試験の倍率が3倍以下になると教員の質が下がるという研究結果も出ているなか、小学校教員採用試験の倍率は1倍台となっている。
また新任教員を大量採用すると、この世代が管理職になると逆ピラミッドのいびつな人口構成となってしまうため慎重に考える必要がある。
⑷ さらにまたコミュニティスクール制度や教育学修士課程が創設されたが、なかなか効果が出ていないという現状がある。
⑸ 以上のように学校だけでは、子どもの教育を十分に行うことは難しいことから地域、学校、家庭が協力して教育効果を高める研究を行っている。

3 加古川市のこれからの「協育」について
社会が高度化複雑化するなか、従来の対応では、子どもの健全育成は難しくなっている。学校、地域、家庭が協力して新しいシステムを構築する必要がある。市民性、地域性に応じて加古川市独自の新しい「協育」システムを構築したい。
例えば、小学校でも教科担任制が採用され、英語教育が始まる。これにともない本物の英語の発音を身につけている市民の協力が必要となる。
加古川市においても、この分野で秀でている人材は少なくない。しかし、彼らに十分な活躍の場が与えられていないのが現状である。
このような地域の人的資源を掘り起こし、「協育」への協力を依頼すべきであろう。

4 いかにして地域の人的資源を掘り起こすかについて山崎先生からのアドバイス
教育委員会がファシリテーターとなり、PTA、校長、自治会長を集め人的ネットワークを構築することが大切である。
このようなシステムをつくりたいと誰かが呼びかける必要がある。
議員にこの役割を果たしてもらいたい。

5 取組み自治体の事例について
長崎市、佐伯市、豊後高田市などが積極的に「協育」に取り組んでいる。
過疎化が進んでいる自治体が危機意識をもって取り組んでいる。
加古川市は全国でも有数の転出超過が続いている。
したがって強烈な危機意識をもって「協育」にとりくむ必要がある。

6 ボランティアで協力する個人や事業所の拡大方法などについて
各種企業組合、医師会、弁護士会、行政書士会など各種職業団体に協力要請すると効果的である。

7 最後に
私は地元の子供食堂のお手伝いをさせていただいたり、小学生に職業体験をしていただくイベントのお手伝いをさせていただいている。
そこには地域の様々な特技をもっておられる方々が参加されておられる。これらの方々はまさに地域の貴重な人的資源といえる。
現状はこのような地域がもつ潜在的な力が十分に活用されているとはいいがたい。団塊世代が大量に退職し、様々な分野のエキスパートが地域にその才能を発揮することなく埋もれている。いまこそこれらの方々を巻き込み、PTC(Parents Teacher Community)親、教師、地域社会の連携を強化し、この状況を少しでも改善したい。
ただし私生活を他者によって干渉されたくないというプライバシー権や教育方針の決定という自己決定権の要請も無視することはできない。
新しい時代にふさわしい上記各利益の適切な調和が求められている。
以上

以下は、先日訪問させていただきました、兵庫県立男女共同参画センター視察調査研修報告書です。 第1 視察(調査)項目 神戸市にある、兵庫県立男女共同参画センター(愛称「イーブン」)において、副所長兼調整課長から、同センターの活動等ついてご教授いただいた。 第2 復命事項(所見及び感想) 質問1 女性活躍推進センターの活動(①女性活躍推進専門員による支援、②専門講師・アドバイザーの派遣、③ロールモデルの発掘と紹介、④各種セミナーの実施、⑤大学等への啓発)の具体的な内容・効果と費用についてご教示ください。 ご回答 ① 女性活躍推進専門員による支援について ・具体的な内容 兵庫県内の企業からの依頼に基づいて、女性活躍推進専門員が企業を訪問し、管理職の方々と以下の4つの基礎項目(①採用者に占める女性比率、②勤続年数の男女差、③労働時間の状況、④管理職に占める女性比率)について女性の活躍を妨げている要因を話し合い、解決の糸口を見つける。 ちなみに費用は無料である。 ・感想 女性活躍をどこから始めればよいか分からない企業の管理職にはそもそも解決すべき課題を把握することが困難である。自社の現状や課題を客観的に把握するために有効な支援と考える。 ② 専門講師・アドバイザーの派遣 ・具体的な内容 社内で女性活躍を推進するにあたって、研修を実施する企業に、より専門的な講師を派遣する。これも費用は無料である。 ・感想 各企業のニーズに応じた内容や講師を選定派遣する支援である。この点においてオーダーメイド型の優れた支援であるといえる。 対象は企業に限定されているため、一般的な勉強会への講師派遣はしていない点が残念である。ただし、一般的な勉強会の講師選定のお手伝いは可能とのことである。女性活躍推進を目指すわが会派の勉強会の講師選定のお手伝いをしていただけるとありがたいと感じた。 ③ ロールモデルの発掘と紹介 ・具体的な内容 専門員が企業訪問で出会ったイキイキと働く女性ロールモデルをインタビューしてホームページなどで紹介している。 ・感想 様々な職種、肩書のロールモデルのインタビューが紹介されている。したがって、その中から自分の境遇に近い方や、共感できる方を見つけることが可能である。ロールモデルはいわば航海における北極星といえる。つまり、キャリア形成の旅路の過程において多少の困難があっても目指すべき憧れのロールモデルがいれば、進む方向がぶれないという効果がある。 ④ 各種セミナーの実施 ・具体的な内容 女性活躍の最新情報や、他社事例の提供、企業の壁を超えたネットワークづくりを目的とするセミナーを実施している。 ・感想 このセミナーは講義のみならず、ランチミーティングやグループワークから構成されている。1日フルに使うものである。このような充実した内容のセミナーを無料で提供していることに感銘をうけた。セミナー参加者の方々のお子様たちを預かる託児室が充実していた。託児室には各種遊具、消臭炭、不審者が侵入した際に警察に容易に通報できる装置が完備されていた。また託児室からの景色が素晴らしかった。眼下には港、駅、鉄道、高速道路を見下ろすことができ、子供たちにも好評であるとのことである。これにより保護者の方々は、子供の心配をすることなく、安心してセミナーを受講することができると考える。 ⑤ 大学等への啓発 ・具体的な内容 就職を考える女子大生等に職業講話を実施している。女性活躍推進の意義やキャリア形成の大切さなどを啓発している。大学生が課外ゼミの一環として当センターに来られた際に啓発を行う場合もある。 ・感想 女子大生が女性活躍推進の意義やキャリア形成の大切さを、腹の底から納得して、ライフプランを立て実践することは重要である。これにより自分の人生を強くしなやかに生きることが可能となる。 質問2 女性活躍推進法の全面施行により多くの分野で女性の参画が進みつつあります。 しかし、各分野の指導的地位に占める女性割合は依然として低い水準にあります。 この理由についてどのようにお考えですか。 ・ご回答 制度的課題、意識の問題など理由は複合的であると考える。 ・感想 男性と伍して戦い、各分野の指導的な地位に立つことを切望する女性も、専業主婦になったり、各分野で責任のある地位に就くことを望まない女性も等しく尊重される柔軟で柔らかい社会になればよいと考える。 第3 全体の感想  女性活躍推進センターの職員の方々がイキイキと創意工夫をして誇りをもって働いておられることに感銘を受けた。女性活躍推進に関する書籍やDVDの展示も書店のようで、大変センスが良かった。例えば人気書籍ランキングの表示をすることにより、利用者の向学心をうまく刺激していた。ここで楽しく学び、新しい職業人生を力強く踏み出すことができる施設であると感じた。またDV被害等により男性に対して恐怖心を抱いている女性が安心して相談することができるように部屋分けをするなど利用者本位の施設となっていた。 以上

男女共同.jpg