【以下原稿案ができました。】
加古川市議会議員 落合誠(おちあいまこと)・柘植厚人(つげあつひと)なんでもトークカフェ(広聴会)のご案内
日時:令和4年2月5日(土)14時~16時
場所:加古川市総合福祉会館2階大ホール
(加古川町寺家町177-12)
【どなたもご参加歓迎】【参加費無料】【事前申込不要】【出入自由】
第一部:議員と一緒に学ぶ(育児教育施策について)
講師:福原正人氏
○講演のテーマ
二人の師匠(息子)から教えてもらった『生き方』
○講演の内容
「障害と共に生きる」とは?「ありのままに生きる」とは?
重度心身障害をもって生まれ7歳で人生を終えた次男からの教え。不登校の長男からの教え。
そこから導かれた「夢を叶え、心が喜ぶ生き方」についてお話しします。
○福原氏の肩書 ドリームアドバイザー兼予祝講師
○福原氏のプロフィール
大学卒業後、平成9年4月加古川市役所に奉職。国民年金、固定資産税、法務、監査の事務に従事したほか、介護福祉、障害福祉、地域福祉の福祉部門に7年間従事し、2021年3月、24年間の公務員人生を終える。
現在は、フリーランスとして、重度心身障害児施設を運営する法人や、介護福祉ITベンチャー企業のアドバイザー業をはじめ、加古川市社会福祉協議会で相談員として従事し、さらに倖縁と予祝講座の講師業をするほか、社会福祉士資格取得を目指し日本福祉大学通信教育部で学んでいます。
1人、立っている、テキストの画像のようです

今朝は地元の公民館で講演をさせて頂きました。
父の死、新しい生命の芽生え、世代を越えて連綿と受け継がれていく生命のバトン、明朗愛和の心をなによりも伝えたいことなどを話させていただきました。
アウトドアの画像のようです
 

臨床心理士、スクールカウンセラーの中村経子氏の御講話を聴かせて頂きました。
講演テーマは「思春期専門のスクールカウンセラーが伝えたい!子どもと一緒におとなも育つイキイキ大作戦」でした。
受講者である幼稚園の保護者の方々から以下の感想が出ました。
・大人にとって都合の良いように子どもに接するのではなく、受けとめられる器をつくりたいです。
・お話に引き込まれました。
・男女の成長過程の違いに同感しました。
・がみがみいわず子供の成長を気長に待ちます。
・もっと自分の心に余裕があればと思いました。
・子どものそれぞれの年代の成長を受け止めたいです。
・子どもの良いところを伸ばしたいです。
※人類社会の大きな転換点に我々が生きていることを実感できるご講話でした。
1人、座っている、室内の画像のようです

自分の興味関心に従って点を打ち続けていると、いずれそれらがつながり運命が拓けることなどをお話しさせて頂きました

本日は高校で、有名なスピーチを引用して、自分の興味関心に従って点を打ち続けていると、いずれそれらがつながり運命が拓けることなどをお話しさせて頂きました。