以下昨日の一般質問における【質問事項3】の概要です。

大項目 加古川市縁結びプロジェクトについて                                
質問の背景                                      
加古川市は、人口流出数において、全国でワースト9である。つまり大変なスピードで人口が減少している。人口減少の原因の一つに、晩婚化、非婚化、少子化がある。その理由は低収入、職の不安定性、地域内に魅力的な職がない、この地域で起業する動機が乏しい、住宅の不安、子育ての不安、教育・進学の不安、等多様である。したがって単なるマッチングにとどまらない切れ目のない、結婚後の安心感を提供する施策が必要であると考えることから以下の質問をする。                                    
小項目( 1 ) 縁結びマッチングイベントについて                                  
質問の背景                                      
市が、以下のように創意工夫を凝らした様々な婚活イベントを実施したり、広報 宣伝活動をすることが有効と考えることから質問する。                         
・旅行好き、神社仏閣巡り好き、猫好き、スイーツ好き、再婚希望者、マスオさ   
ん希望、40歳以上等、特定の属性の男女を集めるイベント。   
                   
・ハロウィンコスプレ、吉本芸人による司会、工芸体験、葡萄狩、夫婦に関する  
講演等楽しい婚活イベント。                                     
・これらのイベントに参加する新規の会員を獲得するための広報の充実。          
・病院、介護施設、市役所、地元大学、企業の独身寮等未婚者が多い場所への広   
報活動。                                 
質問事項                                       
上述のように、市が創意工夫を凝らした様々な婚活イベントを実施したり、それらに関する広報宣伝活動をすることについての所見はどうか。                                      
小項目( 2 ) 縁結びサポーター制度について                                  
質問の背景                                      
人生経験豊富で、人様の面倒をみることが好きな子育てをおえた世代、引退され 
た世代、保険会社の営業職の方々等を、香取市で実施されているような縁結びサ
ポーターとして育成、有効活用すると、継続的な息の長い、安心感のある結婚支
援をすることができると考えることから以下の質問をする。          質問事項                                       
結婚希望者にアドバイスを行い、結婚後も定期的に状況を伺うような、息の長いサポートを実施する、縁結びサポーターの育成、有効活用を市が行うことについての所見はどうか。                                     
小項目( 3 ) 住宅支援について                                                          
質問の背景                                      
加古川市は、不動産価格に比較して、神戸・大阪などの職場へのアクセスが良い  という強みをもっている。この強みをさらに強化することにより、加古川市内で結婚し、居住しようという動機付けを強化していただきたいことから以下の質問をする。                                 
質問事項                                       
加古川市内で結婚・居住を予定している若者達に住宅情報の提供や家賃補助などの支援をすることについての所見はどうか。                                      
小項目( 4 ) 就職・起業支援について                        
質問の背景                                      
市内に十分な給料を頂ける、やりがいのある魅力的な職がなければ根本的な課題 
解決は難しい。したがって魅力的な職の創出のために制度の見直しや、中小企業
への地方創生インターンシップや、中小企業へのAI・ロボット支援、起業拠点
の開設、海外からの企業誘致が有効と考えることから以下の質問をする。         
質問事項                                       
加古川市内で結婚・居住を予定している若者達に就職・起業支援をすることについての所見はどうか。                                        
小項目( 5 ) 子育て支援について                                                   
質問の背景                                      
子育ての負担に関する不安から結婚を躊躇している方は少なくないと考える。し たがって、待機児童の解消、企業内保育所・公園内保育所の設置、見守りサービスの充実、子育てシェア、保育士の処遇改善、テレワーク、サテライトオフィスの充実、不育症・不妊治療に対する理解促進が有効であると考えることから以下の質問をする。                                  質問事項                                       
加古川市内で結婚・居住を予定している若者達に子育て支援をすることについての所見はどうか。                                        
小項目( 6 ) 進学支援について                                                     
質問の背景                                      
学費等、進学に関する不安から結婚を躊躇している方は少なくないと考える。し たがって、奨学金制度の充実、高校までの無償化、プログラミング教育などが有効と考えることから以下の質問をする。                  
質問事項                                       
加古川市内で結婚・居住を予定している若者達に進学支援をすることについての所見はどうか。                                        
(以下答弁と再質問の繰り返し)

今朝も挨拶運動に対する暖かいご反応ありがとうございました。今月53歳で亡くなったさくらももこさんを思いながら心をこめて挨拶いたしました。明日も健康で生きられる保証など誰にもない。会いたい人に会いに行こう、大切な人に感謝の気持ちを伝えよう、好きな人に好意を伝えよう、行きたい場所に行こう、今すぐに。スティーブジョブズも言っている「何より大事なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなた方の心や直感は、自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。ほかのことは二の次で構わないのです。」

40318582_1556754887804531_6308708376821891072_n