心から誇りを持てるまち加古川を創るための100の政策提言

落合誠(おちあいまこと)議員と柘植厚人(つげあつひと)が、令和3年度に行った「心から誇りを持てるまち加古川を創るための100の政策提言」の一部を振り返ります。
11. 不妊治療費助成事業の所得制限と年齢制限の撤廃
12. 貧困家庭の生理用品購入費補助
13. 子どもの予防接種支援の充実
14. 紙おむつ代補助
15. 子育て支援企業表彰・認定制度確立
16. 赤ちゃんトイレ設置補助
17. すべての障がい者支援体制の強化と相談窓口の増設
18. 子育てプラザに隣接した図書館分室の設置
19. ボランティアポイント制度の子育て支援へのポイント制度拡大
20. 公共交通について
・かこバス夜間運行・かこバス土日増便・公共交通運賃上限支払方法拡大(現金)
・高齢者割引又は無料化・バス停施設の充実(ベンチや屋根の設置)

「心から誇りを持てるまち加古川を創るための100の政策提言」

落合誠(おちあいまこと)議員と柘植厚人(つげあつひと)が、令和3年度に行った「心から誇りを持てるまち加古川を創るための100の政策提言」の一部を振り返ります。
1. 貧困家庭への学習支援
2. 貧困家庭の高校進学費用補助
3. ひとり親家庭の情報交換の場の充実
4. 高校生・大学生の通学費の補助(所得制限有)
5. 制服等をリサイクルするシステムの構築
6. 子育て世代包括支援センター設置
7. 3人以上のお子さんの誕生祝金
8. 育児休暇の充実
9. 孫育て休暇制度の導入
10. イクメン・イクジィ育成強化

3565回

帰宅する方々に心からお声がけさせて頂きました。

3563回

帰宅する方々に心からお声がけさせて頂きました。

こども食堂について(2018年12月議会)

活動報告vol.6表面中断振り返り。
 
こども食堂について(2018年12月議会)
                                       
未来の社会を担うこども達の心身の健やかな成長のためには、温かい人々に囲まれ、楽しく食事をする経験が不可欠です。
 
しかし、現実には様々な事情により、それが叶わない子供たちが少なくありません。
 
この問題を解決するために加古川市内においても複数のこども食堂が市民の手によって運営されています。
 
ただ、これらの食堂は、市民のボランティアによって運営されているため様々な課題があります。
 
したがって、こども食堂を支援する施策について質問しましたところ以下のご回答を得ました。
 
「本市でも、こどもの居場所づくりが課題であると考えている。
 
今後子どもの未来応援連絡調整会議で検討したい。」