元長野県上田市教育委員長、大塚貢氏のお話を聞かせていただきました。大塚氏は給食の改善により荒れた学校を再生しました。安心安全な地元産食材中心の給食にすると、子どもが落ち着き、優しくなり、非行が減り、学力が向上しました。他の講話者である、夢の森いずも株式会社代表取締役、前島由美様のプレゼンでは、食事の改善により、子どもが描く絵がどんどん穏やかになる様子に、こんなに苦しんでいたのか、こんなに助けをもとめていたのかと涙がでました。「発達しょうがいの子ども達は、農薬の過剰使用など、地球の危機を人類に伝えるために天から遣わされてきたのです」との言葉に大きくうなずきました。

龍平.jpg